「みこころが行われますように」

  「みこころが行われますように」     2023年9月 マタイの福音書6章9-10節、26章36-46節 牧師 中西 健彦   Ⅰ. みこころ 主の祈りの三番目の祈り「みこころが行われますように」は、聖書以外にも似た…

Read More

「御国が来ますように」  

「御国が来ますように」    2023年8月 マタイの福音書6章10節 マルコの福音書1章14-15節 牧師 中西 健彦    初めて聖書のメッセージを聞く人から、説教者が何を語っているのか、ほとんど意味がわからなかった…

Read More

「御名が聖なるものとされますように」 

「御名が聖なるものとされますように」     2023年7月 マタイの福音書6章9-10節 牧師 中西 健彦   かつて聖書神学舎で教鞭を取られた遠藤嘉信という先生がおられます。遠藤先生は難病ALSを患われ、48歳の若さ…

Read More

「天にいます私たちの父よ」

マタイの福音書6章9節 「主の祈り」は「天にまします我らの父よ」という呼びかけで始まります。これは私たちがいつもどなたに対して祈っているのか、自分はそのお方の前にどのような者かを教えてくれます。祈る時、私たちはしばしば自…

Read More

「主よ、私たちに祈りを教えてください」 

ルカの福音書11章1-4節 クリスチャンは必ず祈ります。その長さや頻度には個人差があれど、全く祈らないクリスチャンはいないでしょう。ただ、私たちが自らの祈りに満足しているかというと、なかなかそうではない現実があるのではな…

Read More

「交わりに生きる幸い」  

詩篇133篇,ヨハネ17章20-23節 今年の年間テーマは「交わりの再建」ですが、交わりに関してそれぞれに思い出があるでしょう。それが真実な交わりであるならば、いつも互いを全肯定するというよりも、みことばの基準によって軌…

Read More

「われは永遠のいのちを信ず」

黙示録21章1-8節   いよいよ使徒信条も最後の所に来ました。「われは永遠のいのちを信ず」とありますが、ここで言われるのは単なる不老不死ではありません。永遠のいのちの本質は、神とキリストを知ることです(ヨハネ17:3)…

Read More

「我はからだのよみがえりを信ず」

第一コリント15章35-58節  私が教会の葬儀に初めて出席したのは、小学生の頃に祖父を天に送った時のことです。葬儀の最中、悲しみで心が一杯になっていましたが、教会のある方がこのように励まして下さいました。「おじいちゃん…

Read More

「われは罪の赦しを信ず」  

第二コリント5章11節-6章2節 あるクリスチャンの集会で、「どうして罪が赦される必要があると思いますか?」と講師が問いかけました。多く返ってきたのは、「天国に行くため」という答でした。それは間違っていませんが、あくまで…

Read More

「われは聖徒の交わりを信ず」   

Ⅰコリント12章12-27節 ボンヘッファーの著書「共に生きる生活」は、こんな言葉から始まります。「キリスト者が、他の兄弟との交わりの中で生きることが許されているのは、決して当たり前のことではない」。私たちは一人で神を信…

Read More